介護業界の資格を取得|独学で行政書士を学ぶ|将来を明るく照らす
レディー

独学で行政書士を学ぶ|将来を明るく照らす

介護業界の資格を取得

女の人

国家資格に注目

介護業界には多くの資格が存在し、転職で新たに手に職をつけたい人など多くの方に注目されている職業になっています。超高齢化が進み、とても需要が高まっている職業といえます。始めは、初任者研修といわれるヘルパーの資格。次に実務者研修と段階を踏まえ、初めて介護の仕事に係る方にもわかりやすい構成となっているのが介護の資格の特徴です。また、介護福祉士といわれる国家資格もあります。こちらは、多くの施設で就職にはとても有利な資格といえます。簡単に資格受験があるわけではなく、高度な知識と技術、豊富な経験が必要とされています。介護福祉士の資格受験には、2016年度の試験から3年以上の実務経験を経て受験する場合には、実務者研修の終了が義務づけられています。

手に職をつけたい人必見

国家資格なので、簡単に取得できるものではありません。しかしながら、介護業界では未経験者を多く雇用し、職場そのものが勉強できる環境がとても充実しているといえます。転職した後、働きながら介護福祉士を目指す方も多く存在します。近年、ひとり親が多くなっているなかで収入を増やそうとした時、資格取得を考えるのはとても有効な手段といえます。就業者にとって職場での経験がそのまま国家資格につながることは、多くの利点を踏まえているのです。時間の有効活用はもちろんの事、経験から得られる知識。一番の強みは、指導者が職場に多く存在するということ。介護福祉士は施設の形態によって、必ず配置しなければいけない人材です。取得後の就職や収入アップにつながるところも、介護福祉士の人気の理由です。