職場で必要な資格|独学で行政書士を学ぶ|将来を明るく照らす
レディー

独学で行政書士を学ぶ|将来を明るく照らす

職場で必要な資格

ノートとペン

一定規模の会社のうち、50名以上の労働者を使用する事業場には衛生管理者を選任するよう安全衛生法で定められています。衛生の知識を持っていれば誰でも良いのかと言えば、そうではありません。衛生管理者の資格を持った人しか選任できないのです。資格を取得するには試験に合格する必要があり、各都道府県で実施されています。試験の科目は大きくは関係法令、労働衛生、労働整理に分けられ全5科目あり、正答率が60%以上あれば合格です。第一種と第二種に分けられ、業種によって必要な資格が決められています。試験は大体月2回開催されているので一度不合格でも、すぐに再チャレンジできるのが特徴です。問題集も普通の書店で手に入れることができるくらい人気の資格の一つです。

衛生管理者の試験は受験者数が多く大変人気があります。その理由は何と言っても比較的取得しやすい資格だからです。合格率は50%程度で他の同レベルの資格より高いです。先程も紹介した通り試験も月2回開催されているので、試験勉強の開始時期で悩むこともありません。勉強方法も過去問を何度も解いて覚えておけば間違いなく合格できるでしょう。その理由は、試験開催回数の多さにあります。月2回も試験があると違う問題を作成するのは難しく自然と同じ内容の問題が出題されるのです。このため過去問をしっかり覚えておくことが大変大切です。また衛生管理者の資格は就職でも有利です。取得しやすい資格といえども持っていれば面接での印象は違います。