女の人

独学で行政書士を学ぶ|将来を明るく照らす

職場で必要な資格

ノートとペン

50名以上の労働者を使用する事業場には衛生管理者を選任しなければなりません。衛生管理者になるには試験に合格する必要があり、月2回試験が開催され60%以上の正答率で合格できます。人気の理由は、比較的取得しやすいこと、試験回数が多いこと、就職に有利なことです。

Read More

子供が好きな人に向く職業

先生

保育士資格は専門学校を卒業して取得する方法と国家資格に合格して取得する方法があります。前者の方が確実ですが後者でも決して合格不可能な訳ではありませんので受験資格のある方は是非ともチャレンジしていただきたい資格の一つです。

Read More

介護業界の資格を取得

女の人

介護の仕事を目指す人には、自分の力でステップアップできるチャンスが多く存在します。その中でも介護福祉士は、未経験から始めたひとでも諦めなければ国家資格が取得できるチャンスがあります。介護事業は、これからも飛躍していく業界です。そのなかで、必要とされる人材になれるのが介護福祉士です。

Read More

受験資格は誰にでもある

メンズ

一般知識の試験もある

行政書士を目指して資格を取ろうとしている人は少なくありません。そのため必死に法律の勉強をしているはずです。その勉強方法は塾や通信教育以外にも独学ですることもできます。ただし、そればかり勉強していると落とし穴に嵌ってしまう可能性もあります。その落とし穴とは一般知識です。実は、法律とは別に一般知識の試験もあります。全体に占める割合は決して多くはないものの、この一般知識の試験で泣かされた人は少なくありません。そのため、きちんと一般知識も身に着けておく必要があります。その知識は主に政治・経済・社会、さらには通信や個人情報など行政書士として使える知識ばかりです。新聞やテレビなどでニュースだけはチェックしておいた方がいいかもしれません。

国籍・年齢など関係なし

その行政書士の受験資格は、国籍・年齢・学歴関係なく受けることができます。もちろん日本語による試験であるため、外国人であっても日本語で受けてもらう必要はありますが、誰もが受験可能というところが人気の一つとなっています。しかも、書店などでも様々な行政書士のための受験マニュアルが売られているため、独学でマスターすることもできるのです。独学の場合ならば、書籍代と受験料くらいで資格を取ることもできます。そのため、金銭的なリスクも少ないというのもメリットの一つだと言えます。もちろん、独学よりも通信教育や専門塾で勉強した方が効率も良く合格確率もアップする可能性が高いです。最終的に必要なのはやる気といっても過言ではありません。